妊娠中にできるシミの対処法の注意

妊娠中にできるシミの対処法の注意

妊娠中,シミ対策

◆妊娠中はシミに注意

 

実際、妊娠するとシミやソバカスができやすくなることは本当なんでしょうか。

 

もうし、そうなるとすると、それは治せるものなんでしょうか。

 

◆妊娠中のシミは普通のシミと異なる

 

妊娠すると、女性の体は生理が始まる前と同じように黄体ホルモンがぐっと増える状態になります。

 

この黄体ホルモンが増えたせいで、ホルモンの割合が増えます。

 

この割合が増えると、メラニンを作り出すように働くホルモンが分泌されるようになります。

 

そうなると皮脂の分泌もさらに活発になってメラニンもたくさん作られるような状態になります。

 

そのため、シミやソバカスができやすくなるのです。

 

そもそもこの状態になる理由は、母体が子供を守るために色々な外的刺激に対して守ろうとする状態を作ろうとするからです。

 

でも、子供を産んだ女性はキレイでいられないのか?と思いますが、そうではありません。

 

◆シミはすぐ消えるが、合わせてスキンケアを

 

妊娠中,シミ対策,ソバカス

妊娠中には、普段気にしないくらいの少し強めの紫外線を浴びたりすると肌は過敏に反応してシミを作り始めます。

 

この時に作られたシミは出産後しばらくしてホルモンのバランスが元に戻ると2〜3カ月くらい経つと自然と消えていきます。

 

もちろん正しいお手入れや適切な肌の管理は大切です。

 

特に紫外線にはいつも以上の注意をしておく必要があります。

 

間違った対策をしていたり、紫外線対策を何もしてなかったりしたまま妊娠中の時期を過ごしていると、自然に消えるはずのシミがなかなか消えない普通のシミに変化させてしまいます。


妊婦が注意すべき妊娠性肝斑の対策

 

 

妊娠性肝斑とは、妊娠によって起きる女性特有のシミの一種です。

 

この妊娠性肝斑の多くは妊娠後期に始まります。

 

場所は、顔や腋、胸、Vラインやお腹の正中線が現れたり、お腹の周りに現れれ、色素沈着という状態になりやすいです。

 

妊娠は、母体が本当に日々変わっていくものです。

 

つわり、腰痛、好みが変わる、だけではなく、色々な変化が起きますが、妊娠性肝斑もその一つです。

 

妊娠性肝斑が起きる理由は、妊娠したことで増加する卵胞ホルモンやメラノサイト刺激ホルモンによって起きるものです。

 

この時のシミの理由は「妊娠」ですから、出産仕立て数か月たち、月経が再開してくるとほとんどが自然と消えていきます。

 

中には、妊娠を繰り返していると、シミが残ってしまう場合もあります。

 

妊娠中,シミ対策,ソバカス

それでも、紫外線予防や水分補給、ビタミンCの摂取が妊娠性肝斑の対策としては有効だと言われています。

 

妊娠中は、母体である自分の健康と胎児の健康の両方を考えていかなければいけません。

 

妊娠性肝斑を気にする人は、このバランスをうまくとりながら健康的な妊娠中の時期を過ごすようにしていきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ